ヤマトバックス バイク⑦ 激走編1

更新日:9月30日

第1回スワコエイトピークストライアスロン大会参戦記

ヤマトバックス バイク⑦ 激走編1


<<< 前回のブログはこちら



お疲れ様です、自動機課CNC係の林です。


ついにこの日がやってきました。


2022年6月25日。



第1回スワコエイトピークス


ミドルトライアスロン大会2022!!



やれることはすべてやってきた。


あとは出し切るだけ!!


昨夜のバケツをひっくり返したような豪雨が、まるで夢の中の出来事だったような、ピーカン照りの朝。


ありがとうテルテルバックスくん!


でも、ちょっとやりすぎだよテルテルバックスくん。


たぶん今日、熱いというより・・・痛い( ̄ロ ̄lll)




予報は今年一番の暑さ。


30度越えの真夏日(;^_^A


これは難しいレースになりそうだ・・・


とにかく熱中症には気を付けないと(;・∀・)




栗原が遅刻した事


公園であわててナンバーシールを貼った事


ワセリンでトゥアンにシールがつかない事


のんびりしすぎてスイムのスタート順がグループ最後尾になってしまった事などは


監督のブログで詳しく語られると思うので、ここでは省略。




スタート会場には、続々と集まってくる全国のトライアスリート達!


大会MCのウィット・レイモンドさんと孫崎虹奈さんが会場のボルテージをガンガンと上げていく⤴⤴⤴


ヤマトバックスメンバーも気持ちが高ぶってくる!!


地元開催の第一回大会!こんなの盛り上がらないわけがない!!




スタート前に3人で記念撮影。


どうですかユニフォーム!カッコイイですよね!!



そしてなんという事でしょう(^▽^;)


1か月前、緊張のあまり端っこで小さくなっていたオッサンが。


トライウェアに身を包み、それっぽく見えているではありませんか!


同じ人とは思えませんねw



オープニングセレモニーが終わり、いよいよスイムスタート!


トゥアンは第2グループ最後尾からのスタートとなった。


グループ全員が同じ色のスイムキャップなので、入水後はもうトゥアンがどこにいるのか全くわからない。


あとはGPSの位置情報だけが頼りだ。



ここは関監督と栗原に任せ、自分はバイクスタートに備え、アップを開始する。


いままでこんな真夏日に走った事がない。


入念に筋肉を伸ばし、心拍を上げる。


緊張してきたー(;・∀・)



アップを終え、リレー待機エリアに入場。


水分を取り、バナナとアミノバイタルでエネルギー補給を行い、ストレッチをしながらトゥアンを待つ。


続々とスイムアップした選手たちがトランジションエリアに入り、バイクをスタートして行く。


リレーエリアからもバトンタッチした選手が次々とスタート。


リレーエリアのバイク担当者の人数が少なくなってきた。


そろそろトゥアンも上がってきそうだぞ!!


テントの脇に置いたトゥアンの荷物と一緒に、脱いだウォーミングアップ用のシューズを置いて、バトンタッチゾーンに入ろうとしたその時。



トゥアンだ!


トゥアンがやってきた!!


10時36分!思ったよりも早いぜ!!


と思ったが、トゥアンがこっちに来ない(;’∀’)


トランジションエリアの入口付近で右往左往している(・。・;



あいつ!場所わかってなかった!!



しかも丁度自分がリレーエリアのテントの影にシューズを置きにいったタイミングという偶然が重なり


「ハヤシサンいない!!」


と慌てていたのだ(◎_◎;)



トゥアンに手を振る!


良かった見つけてくれたぞ!


近くにいた関監督と栗原からの声かけもあったようだ。




トゥアンお疲れ!!



あとは俺に任せろ!!



トゥアンから計測用のアンクルバンドとGPS


そして熱いヤマトバックス魂を引き継ぎ


ついにバイクスタートだ!!



バイク激走しないまま、次回、激走編2に続きます!!



>>>バイク⑨激走編2










閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示