ヤマトバックス ラン編 

こんにちは!

ヤマトバックス ラン担当

生産管理課の栗原です!!


2022年6月25日(土)

諏訪湖トライアスロンにリレーの部で参加してきました!


結果から言うと、いつもの調子が出せず20キロ2時間ギリギリという結果でした😢



6月の初めに安曇野ハーフマラソンに出場したのですが、坂道の多いコースでタイムは1時間55分でした。


安曇野のコースに比べ諏訪湖周辺のコースは道がほとんど平坦で、走りなれていることもあって、好成績を期待している自分がおりました。


靴も新調し、暑さ対策のため、水分をこれでもかというほど取り、万全を喫した状態で挑んだつもりでした。


この時の気温は36度・・・まさか暑さがここまで走りに影響するとは思ってもいなかった。




絵に描いたような晴天!しかし、走るには晴天すぎました(◎_◎;)




テンションMAXでスタート!・・・だが⁉





林さんとバトンタッチし、テンションMAX状態で、序盤キロ4分前半ペースで飛ばしていたのですが、徐々に徐々にスピードが落ちてゆく・・・。



さらにレース前に水分を取りすぎたことが災いし腹がズキズキと痛み出す。



いつもは5分台はキープできるのですが、10キロ地点で、時計を確認すると6分台まで落ちており、何とかスピードを出そうとするも意識が朦朧として力がでない。



さらに新調した靴のサイズがキツすぎたのか親指がズキズキと痛み出す。



3キロ毎にある給水所で脚や背中に水をかけて、親指をかばいながら走り続けてました。



16キロ地点まで何とか6分台をキープしていたが悪いことは重なるもので



17キロ地点でこむら返りが発生しそうな状態に!



しかも両足!



さらにこの17キロ地点ではちょうどヤマトの社員がボランティアで待機しておりました。


応援にきてくれている仲間の前では、元気に走る姿を見せたい!


そう思った私は何とか力を振り絞り元気を装おいましたが、さすがに誤魔化すことはできず、結局情けない走りを皆にさらすことになりました・・・



その後、何とか気合でキロ8~10分ぐらいのペースで攣らない様に恐る恐る走り続け、


ゴールまでの体力を養うために18キロ地点の給水所でしばしの休憩・・・


この休憩が若干の功をなし、ゴール間近では気合でダッシュし何とか完走することができました。



もちろんその反動でゴール後、両足共にこむらが反ってしまい、動けなくなり会場で皆に迷惑をかけてしまったのはいい思い出です。



約17キロ地点の様子。この時すでに足は悲鳴を通り越して失神しています(笑





大会を振り返ってみて


今回、色々と悪条件が重なり、ベストは出せなかったのですが、色々といい経験と勉強ができたかなと思います。


そして何より初めてリレーで参加し、見事にタスキをつなげれたことは凄く嬉しかったし、

1カ月という短い練習期間で結果をだした他メンバーのセンスには驚きと敬意を表します。



自分としてはリベンジを果たしたいので、来年も選抜メンバーになれるように、まずは諏訪湖マラソン大会で好成績を目指して頑張ります!



フィニッシャーに当社のカジュッタを提供させていただきました!



最後に



社長含め運営サイドの皆様、素晴らしい大会を開催していただきありがとうございます。


スポーツを通じて諏訪地域を活性化していく試みは素晴らしいと思います。


次回、開催も楽しみにしておりますので宜しくお願いいたします!




関連記事


>>>ヤマトバックス スイム編


>>>ヤマトバックス バイク編


>>>ヤマトバックス 監督編


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示