top of page
株式会社ヤマト

GROWTH CHALLENGE2024 アイデアソン 1Dayコースに参加してきました!

自動機課の松澤です。


春から夏への移り変わりを感じるこの季節、ゴールデンウィークも終わり、新入生・新入社員の皆さんは新たな目標に向け日々を過ごしている方も多いのではないでしょうか。


そんな中、5月25日公立諏訪東京理科大学にて行われた「アイデアソン」に参加してきました。



「アイデアソン」とは、「アイデア」と「マラソン」が掛け合わさってできた造語で、決められた時間内にグループごとアイデアを出し合い、マラソンをするようにどんどんブラッシュアップさせ、結果を競うというものです。

新たな発想やアイデアを生み出すことを目標とするコースを「アイデアソン」、アイデアから成果物をつくりあげるまでを目標とするコースを「ハッカソン」と言い活動期間は様々です。


このようなイベントは多くの地域で行われており、企業・自治体が学生と共に考え互いに成長していく為のプロジェクトです。


今回公立諏訪東京理科大学×セイコーエプソン株式会社が共同で実施する1dayコース「アイデアソン」に参加させていただきました。


企業として「ハッカソン」には参加したことがありますが「アイデアソン」は初参加ということもあり事前準備をして当日を迎えました。



初めに各企業・自治体からテーマ(課題・問題)について6分間のプレゼンさせていただきました。

学生130名、企業11社の前でプレゼンするということで緊張した面持ちでした。



プレゼン内容は下記の画像の通りです。



要約すると「新しく購入した土地をどう有効利用するかアイデアを募集します!」と言った内容です。


プレゼン後、各企業・自治体に設けられたブースに「どんな会社ですか?」「カジュッタてなんですか?」など質疑応答をする場が設けられ、カジュッタを絞りながら説明するなど興味を持ってもらえるよう頑張りました。



その後、学生が興味を引いたテーマについて1人1アイデアを考えていただき提出していただくのですが…

(どんなアイデアが集まるかな?)

(それ以前に11社の中からヤマトにアイデアを出してくれる学生はいるのかな!?)

と、提出時間まで不安な気持ちで待つことになりました。



有難いことに7名からアイデアをいただくことができました。



このアイデアの中から一つのテーマに絞りチーム検討をする為、企業ごとに集まったアイデアの中から良いと思ったアイデア用紙に学生の皆さんが1人1枚のシールを貼り投票を行うことになりました。



ヤマトは投票の一番多かった「オリジナルのドリンク作り体験!」が今回のテーマに決まり発表させていただきました。



テーマに選ばれた学生(発案者)から概要説明やチーム検討への意気込みをスピーチしていただく時間が設けられました。



スピーチが良かったのかテーマが良かったのか、それともヤマトに興味を持っていただけたのか、9名の学生に集まっていただけました。

2チームに分かれ、テーマについて一生懸命考え、わからないことは企業に質問し、理解を深めることで、より具体的で実現可能なアイデアにまとめるためコミュニケーションを欠かさない姿を陰ながら見させていただきました。



2時間と言う短い時間でしたが2チーム共プレゼンまで漕ぎ着けることができました。

学生の3分間のプレゼン後講評もさせていただきました。

プレゼン内容は自社に持ち帰り検討させていただきたいと思います。アイデアを考えてくれた皆さん、チームに参加してくれた皆さんありがとうございました!



チームになって初めて話す学生もいたと思います。課題解決に向けチーム一丸となって考えプレゼンしていた姿にコミュニケーションの大切さを身をもって感じました。異なる視点や知識を持つメンバーが協力することで、1人では得られない成果が生み出せます。対話を重ねることで信頼関係が築かれパフォーマンスの向上にもつながると実感しました。社会に出てからも今回の経験を思い出し頑張っていただきたいと思いました。


私も学生の皆さんのように積極的にコミュニケーションをとる為、即実行の”お疲れ様会”と言う名の”夕食”に行ってまいりました。


参加された皆さん本当にお疲れ様でした。



閲覧数:81回

最新記事

すべて表示

Comments


Contact as

お問い合わせ

ご質問・ご相談など

お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL:

0266-58-1112

FAX:

0266-52-4314

E-mail:

bottom of page