多条ねじ加工

​多条ねじ加工

​多条ねじとは?

一般に使われているねじ(1条ねじ)は,1回転にピッチ

(ねじ山の間隔)の分だけ進みます。通常ねじは、1ピッチの間に

1条のらせんがあることから1条ねじと呼ばれています。

2条ねじは1ピッチ間に2条のらせんがあり、リード(1回転で進む距離)が
2倍になります。リードが倍になれば1回転で進むスピードも

必然的に2倍になります。3条ねじであればリードが3倍に、
4条ねじであればリードが4倍になります。つまり1条ねじに比べ

4条ねじであれば1回転で4倍の距離、スピードで進むということです。

ヤマトでは、全国的にも珍しい16条ねじまでの加工に対応しています。

あまり聞きなれない加工ですが、製品性能の向上、
高速での位置決めなど、様々な分野で応用されています。

【応用分野】
・OA機器部品・光学機器部品・部品製造用機械部品
・アミューズメント機器部品・家具部品・省力機器部品・防衛
・航空機器部品・測定機器部品、他

スクリーンショット 2022-02-02 22.34.45.png
スクリーンショット 2022-02-02 22.34.54.png

​多条ねじ加工ならヤマトにお任せ

① 通常ねじから16条ねじまで対応!

② オスねじ+メスねじの組み合わせ加工可能!

③ 樹脂含む異なる素材の組み合わせ対応!
 (例:オスねじSUS303+メスねじPPS)

④ 切削により少量生産対応可能!
 (転造では型代が必要になりコスト高)

⑤ すべて社内一貫生産対応で、加工時間、
 コストダウン可能!

16条ねじまで対応可能

​オスねじとメスねじを社内で一括生産。
​だから、様々な素材の組み合わせに対応できます。

​ヤマトでは多条ねじ加工において、オスねじとメスねじを社内で一貫生産しています。

オスねじとメスねじを別々の会社で加工すると、ねじ公差の開きが大きくなり、

かみ合わせが合わず、不良品になるケースも少なくありません。


ヤマトの多条ねじは鉄やステンレスはもちろん、樹脂や真鍮、チタンなど、
様々な素材を社内で一貫生産致します。精度もお客様のご要望に合わせて加工致します。
多条ねじのことならヤマトにご相談ください。

10条ねじ

⑨-5長尺多条ねじ.JPG

雄ねじ

雄ねじ

​業界

​精度

​特徴

アルミ(素材)10Φ

ジュラコン/POM(素材)

800mm

​長さ

OA業界

3/100mm

雌ねじの加工にはねじ抜き成形という特殊技術が必要。

8条ねじ

IMG_4439.JPG

雄ねじ

雄ねじ

​業界

​精度

​特徴

POM(素材)5Φ

POM(素材)

150mm

​長さ

試作品

5/100mm

樹脂×樹脂のねじは熱収縮が起こりやすく、かみ合わせが難しい

5条ねじ

スクリーンショット 2022-02-02 22.42.18.png

雄ねじ

雄ねじ

​業界

​精度

​特徴

チタン(素材)5Φ

銅(素材)

120mm

​長さ

機構部品

5/100mm

チタンの左右巻き。硬い素材(チタン)と柔らかい素材(銅)のかみ合わせが難しい。

CONTACT

​お問い合わせ

ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせ下さい。

​電話窓口

​電話

FAX

​メールフォーム