ヤマトバックス・プロジェクト2



第二話 ~導かれし者たち~



<<< 第一話 ~原石~ 



新型コロナ感染症の影響で、2021年の大会は延期を余儀なくされ、季節も夏、秋、冬と移り変わり、しばらく大会のことも頭の中から薄れていった。


2022年1月、年初の社長の挨拶で、忘れかけていたトライアスロン大会において、ヤマトのリレーチームの結成と出場準備を進めるよう下知があった。



昨年のスイムの記録は2年間は有効なので、参加資格がある3人から選出すればいいとして、バイク78kmとラン20kmの2名を社員から選抜しないといけない。




ラン担当の候補としては、社内に走れる人はたくさんいるし、準備期間もそれほど考えなくていいだろう。


問題はバイクだ。社員の中で自転車を趣味にしているような人は聞いたことがない。


社長からは「俺の自転車を貸すから、誰か出てくれる人いないかな」と相談を受けていた。


この時すでに4月を過ぎて、大会は約2ヵ月後に迫っていた。




予想通り、ラン担当はすぐ決まった。


学生時代は陸上部に所属し、ハーフマラソンの経験も豊富で、今もトレーニングを継続している栗原君(通称K)だ。




ランは俺に任せろを言わんばかりである。安心感が半端ない。




スイム担当はトゥアン君が選ばれた。





資格保有者3人のタイムは伯仲しているが、20代半ばという若さと、軍隊仕込みの身体能力の高さから、あと2ヵ月間の練習で、さらにタイムが伸びるはずだ。



一方、バイク担当がなかなか決まらない。このままではマズイ。


未経験でいきなり2か月後のレースに出てみない?なんて言われて(しかも78km)、出ようって言う人がいる方が奇跡だ。


ん?まてよ。



「エントリー締め切りまで、あと数日しかなくない?」



今日明日にはチームを結成しなければならない。さらに状況は切迫した。


もう健康な人なら誰でもいい。


会った人に端から声をかけていくことにした。




最初に声がけしたのが自動機課の林さんだ。


そしてなんと彼は2つ返事でOKしてくれたのである。





もちろんバイクの経験はない。にも関わらずである。


ホントに?いいの?どうして?


以前からバイクには興味があったらしいが、直接的な動機としては、運動不足解消とメタボ対策だそうだ。




スイム担当のトゥアン、ラン担当の栗原君、バイク担当の林さん


導かれた3人によって、ここにリレーチームが誕生した!


「ヤマトバックス」と命名されたヤマトチームは無事エントリーを完了できたのである。







第三話へ続く




関連記事


<<< 第一話 ~原石~  


>>>ヤマトバックス スイム編


>>>ヤマトバックス バイク編


>>>ヤマトバックス ラン編






閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示